色々なページが持てるホームページ

インターネット上ではSNSを利用した宣伝等も手軽で人気ですが、ホームページには別の魅力が沢山あります。会社やサークルの基本情報を紹介するだけでなく、ショッピングカートや掲示板を設置できるなど様々な利用の仕方ができるでしょう。しかし、ホームページ作成というと登録をするだけで利用できるSNSと比べて難しいと思っている人も少なくありません。確かに名前やメールアドレスを登録するだけでは、ホームページ作成は不可能です。といっても、ソフトさえあれば一般的な書類を作成するような感覚で作成できてしまいます。

ソフトを使えば簡単にできる

ホームページ作成用のソフトを用意したら、まずはメインとなるページを作っていきましょう。メインページは、人が一番最初に閲覧するところなので会社やサークルの名前など基本的な情報を書いておきます。もし、紹介したい事が沢山ある時は何ページかに分けて作る事が大切です。例えば、会社のアクセス方法や商品の紹介など項目ごとに分けておくと全体が整理されて閲覧しやすくなります。この時大切なのは、メインページのファイルはindexという名前にしておくことです。

画像を使う時は圧縮を忘れずに

ホームページに文章だけでなくイラストや写真も掲載したい時は、ファイルの大きさに注意しましょう。デジタルカメラで撮影した写真をそのままアップロードしようとすると、非常にデータ量が大きいので大変です。データが重いとダウンロードするのに時間がかかるため、スムーズにホームページが閲覧できなくなる可能性があります。画像はなるべく圧縮して、データ量を軽くしておく事が大切です。

業者などにホームページ制作を依頼するなら、その目的を達成できなければ意味がありません。ホームページを誰かに見てもらうことが重要で、その仕掛けが必要です。