家に住む時の対策について

住宅はプライバシーを守ることができるところであり、守らなければならない場所でもあります。玄関にはもちろん鍵が二重に付いているだろうし、万が一に備えて合鍵も持っているはずです。出かける時には忘れずに全ての窓をロックしておきましょう。誰も入ってこれない状態にしておいても、カーテンがなければ丸見えです。カーテンに映る影すら気になるという方は遮光性の高いものを選ぶのがおすすめです。

車中におけるプライバシー

車も家と同じように鍵をかければ誰も入ることができません。しかし、停車している場所が所有地でないなら覗かれてしまうこともあります。駐車可能の誰もいない場所で車中において睡眠をとった場合、いつ覗かれるか分からないのでプライバシーが保護できるとは言い切れません。車中泊などは勧められませんが、サンシェードをつけたり毛布を被るなりすれば、とりあえずのプライバシー保護は可能でしょう。

本人の注意や対策が必要

他人に見られてしまう場所ではプライバシーを守ることは難しいです。基本的に壁で仕切られた空間等でないと完全にプライバシーを守ることはできません。しかし、外界とのコミュニケーションも必要ですから、閉じこもって人間関係を断つわけにもいかないでしょう。他人との距離を上手にとりながら、プライバシーを守りつつ仕事や遊びをする方法を考えるべきなのです。プライバシーは本人の注意や対策によって守ることになりますが、防犯カメラなどのハイテク機器を駆使するとより効果が得られます。

シュレッダーを使用する際に、ホッチキスの針を外すのがわずらわしいという意見が多いことから、近年は針がついたままでも裁断できる商品が販売されています。