至る所に水没のリスク!リスクだらけのスマホ生活。

「台所でレシピを見ながら料理をしていたらうっかり水の中に落としてしまった…」「昨日はいていたズボンのポケットから取り出し忘れて洗濯してしまった…」など、スマホが水没してしまうリスクは生活の多くのシーンに潜んでいます。ですが、基本的にスマホの水没はメーカーの保証外です。私たちにもっとも身近な電気製品のひとつであることから、さまざまなリスクに日々晒されているスマホ。万が一のときの修理代をどのように工面するのかを計画的に考えられると安心につながります!

高価格帯のスマホをご購入の場合は保険の検討も!

今年の9月のiPhoneの修理料金の改定により、画面損傷の際の画面修理料金は若干の減額になったものの、反対に水没などによって捻出しなければならない本体修理費はiPhone 7以降では上がってしまいました。また、日本国内で大きなシェアを持つiPhoneの修理料金が改定をすれば、他メーカーのスマホの修理料金も改定をする可能性も考えられます。

落下や水没などの突発的なアクシデントによる損害を受けることになってしまったときのために、iPhone Xなどの高価格帯のスマホを購入する際には、スマホ用の保険に加入しておくことも検討した方が良いかもしれません。ただし、機種代金がもともとそれほど高価でない機種や耐衝撃や防水の機能がついているスマートフォンなどを購入する場合は、月々の保険料の累積額の方が高くついてしまう可能性もあります。自分の購入するスマホによって保険サービスを追加するかは計算の上で判断しましょう!

スマホ修理は画面壊れの修理やバッテリー交換などが可能です。使用年数や保証の有無によって料金は異なります。